ほうさんのお国柄

企画参加用創作ブログ。絵は描けない。文のみ。お腐れ。色々注意。

こどものひ ss①

深夜のかいだん

「あれ?子供がこんな時間に起きてもいいの?」

「あいにくよるがぼくのこうどうじかんでね。きみとおなじさ」

「ふーん。何も変わってないの?僕と」

「さぁ。でもみているかぎりではおおきくかわったとおもうよ」

「何があったの?」

「せんそうとか、いろんなひとがしんだりとかかな」

「...どんな人が、しんだの?」

「みんなしんだよ。しんでほしくないひとも、しんでほしいひとも。いなくなった。ひとりだけいるかな、いきているひと。まだきみはであっていないけれど」

「その人は、僕をあいしてくれたの?」

「...いいや、まったく。にくんですらいる。でもいまはわりとなかがいいかな」

「ぼくは、生きていけたの?」

「きいてばかりだね。ふあん?」

「勿論。そうだったんでしょ?不安で、泣きたくて、泣けなくて、助けを求めてる。毎晩、夜の孤独が怖い。愛してほしい。死にたくない」

「だいじょうぶ、のりこえた。いろんなものをすててでも、ぼくはいきた。いきのびた」

「なんのために生まれたの?僕は生きていてはダメなんじゃないの?もっともっと前に死ぬべきだったんだって」

「ははがぼくをえらんだ。ぼくはえらばれた。ぼくがいきているべきなんだよ」

「僕は弱い」

「だからつよくなったよ。ぼくはかんたんにしなない。ころせる。まもられている」

「...ひとりぼっち?」

「...いまは、かれがいてくれているよ。ひとりじゃない。でも、ぼくらはいつでもひとりだよ。だいじょうぶ、ひとりでも、いきているよ」

「...さみしかった?」

「もちろん」

「がんばったんだね、ぼく」

「...うん」

「僕は、僕が頑張ったから、もう頑張らなくていいんだね」

「そう...だね。もうおわったことだよ」

「ありがとう、サラトナグ」

「...ふふ。どういたしまして、ぼく」

 

 

来訪者

「こんこーん。こちらに明勲精霊サラトナグ様はいらっしゃるでござろうかー」

ガチャ

「お、キリカ久しb「うぎゃああああ!!けだもの!!くるなでござる!!」あっぶねぇえええ!!!ほんとそれまじでやめてくれ!出会い頭に殺そうとするのマジで!!」

 

「おやきりかちゃん。こんにちは」

「...サラ氏は」

「ぼくだよ。ちいさくなっちゃった」

「おお!サラ氏もでござったか!小さいでござるな!かわいらしいでござる!」

『だぁれ〜?』

「おお!増えているでござるな!」

「疑問を感じねぇのかすげぇな」

「誰か来たの?うるさいね」

「生意気そうなサラ氏まで!!」

「何この失礼な女性」

「誰かいらっしゃったんですか?」

「おなご!!!」

「えっ」

「可愛らしい女子ではござらんか!!」

「それぼく」

「どうみてもおなごでござる!!おなご!」

「怖がってるから放してやれって」

「触るなけだもの!!」

「えぇ...泣いてるから...放してやってくれ...」

「ふぇぇ...こわいよう...なぁにぃ...?」

 

 

おことづて

「街が機能していないでござる」

「ぼくのせいじゃないよ?たぶんぼくがいちばんひがいうけてるよ?」

「その様でござるな。城で監視していたルートグラン様も子どもになっていたでござる」

「ああ。かれは?なにかいってた?」

「サラ氏のせいでないならわからん、との事でござる。なので様子を見に来たでござる!」

「ああそういう...そうでもないとこないよねきりかちゃんは...いまかれは?」

「王女と護衛に遊ばれているでござる!着せ替え人形でござる!」

「ふびんだなぁ」

「助けてくれ、と叫んでいたでござるよサラ氏!」

「じょせいにもまれていいごみぶんだね、とつたえておくれ」

「御意に!」

 

 

どんなひと?

「っ、あの、えっと、怖がってごめんなさい」

「よいのでござる!拙者も急に申し訳なかったでござる!」

「...ぼくの、おともだち、ですか?」

「...部下?でござろうか」

「へぇ...ぼくは、どんな人ですか?」

「不思議な人でござるよ。悪い人ではござらんが、酷い方ではあるかもしれんでござる!」

「きこえてるよきりかちゃん。えぇ?なんだって?ひどい?やさしいのまちがいだろ?」

「サラ氏、かわいいお顔でその表情はダメでござるよ!どろん!」

「あっにげた!!」