ほうさんのお国柄

企画参加用創作ブログ。絵は描けない。文のみ。お腐れ。色々注意。

多分大事なお知らせ

多分大事なお知らせです。

 

突然ですが、ご報告させていただきたいことがございます。いつもいつもすけべやらホモやらしか書いておりませんので、今回もそうかと思われるかもしれませんが、今回は違います。
報告をするべきかどうか、非常に悩んだ末の決断でございます。どうか、最後までお見届けくださいませ。

まず、簡潔に申し上げますと、結婚の報告でございます。以下、報告文書でございます。

 

 

皆様、日頃よりお世話になっております。ルウリィド国製作者ほーさんです。
この度、同じく企画参加者であるリブロ様との会談の結果、現在行われている学園PFCS世界線にて、高等部に所属している、当国の二年生のアレストと、リブロ様宅の同じく二年生シアーマクの婚約が成立いたしましたことをご報告させていただきます。

年齢的な問題もあり、正式な入籍は卒業後、同棲の開始とともに行う予定となっておりますので、在校期間中は、結婚を前提としたお付き合い、となっております。

 

もともとは、互いを男として認め合う親友同士であった二人ですが、おそらくご存じであると思います、色狂い教師サラトナグの介入により、少々親密な間柄となってしまったことがきっかけでございます。


しかし、互いを想い合う気持ちは紛れもなく純全な愛情であり、明るくまっすぐである恋心も、人生をかけて愛しぬくという覚悟も、疑いようがないほどに本気の物でございました。

これからの彼らの人生に多くの波乱が待ち受けることは明白でしょう。それでも、それすらも乗り越えることがこの二人にならできると信じ、親両名、彼らの婚約を許可した次第でございます。


彼らが皆様方にご迷惑をかけることはないと思いますが、何卒、彼らの残りの高校生活を、温かく見守っていただけると嬉しいと思っております。

彼らは付き合っているということを隠してはおりませんが大々的に公表もする気はない模様です。何かしら会話でこの事柄に触れることがあれば、言うか言うまいかを彼ら自身で判断しその時々に応じた対応をさせていただくこととなると思います。

 

重ね重ね、これからの彼らの幸福を静かに優しく見守っていただけることが、親としての望みでございます。
今後とも、両名のことを宜しくお願いいたします。

 

当方からは以上です。また、追って報告いたします。まずはここまで。

 

※この婚約が本編世界線に影響を与えることはございません。

※この婚約が今までに行われてきた学園PFCS世界線での交流やssに影響を与えることはございません。

※この婚約は決して、当方とリブロ様が結託して学園PFCS世界線をホモで侵略しようとして行われたものではありません。ビックリしますが偶然です。