ほうさんのお国柄

企画参加用創作ブログ。絵は描けない。文のみ。お腐れ。色々注意。

ずぼらめしめも

ついったーでのアレシマズボラ飯の話の下書き。こんな前振りで、6品、思い出せた分を書いていこうかと思います。まぁメモです。

ゆるーい感じで書いていくので、ゆるーい感じで乗ってくださったら嬉しいな。

他の方のズボラ飯もお聞きしたので、実際にやれそうならやってみます。買い物に行くことすら最低限なので、家にないものを使うものは難易度高いです。ズボラすぎるんだよなあ...

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

「お腹すいた!」
「太るぞ」
「...(ぐぅ〜)」
「...冷や飯あったな確か。ズボラ飯でいいなら味付けてやるよ...」
「アレストがズボラ飯...!?」
「流石に深夜に気合い入れて作りたくねぇわ...」

(鳥ひき肉めんつゆごはん)

 

 

二回目
「お腹すいた!!」
「太るって」
「もっかい!!」
「何、気に入ったのかズボラ飯」
「なんか楽しいなー、手抜きが逆になー?」
「つまり普段は気合入れろって事か」
「美味しいもんよ〜アレストのご飯〜♡」
「あんがとな。あー、どうすっかな」
「ジャンクフードって感じがいい!」

(バター大蒜飯)

 

 

三回目
「ふぃっくしょい!!!寒い!!」
「あー、確かに冷えるな」
「(ぐぅ...)」
「...あったかいズボラ飯?」
「あったかいズボラ飯!」
「よーしわかったすぐに持ってきてやるよ5分で戻るわ」
「流石ズボラ飯!!早い!」
「後片付けは30秒だ」
「すぐに寝れるな!」
「な」

(コーンリゾット)

 

 

四回目

「あれす、おなかすいた...」

「だいぶへばってるな...ちょっとは栄養あるもんにするか...」

「ズボラ飯なのに?」

「しま、卵は完全食って言ってな、栄養的に非常に優れた食べ物なんだそうだ」

「つまりTKG...」

「そうTKG」

(卵かけご飯中華バージョン)

 

 

 

五回目

「お腹すいたっ!」

「ん。何が食いたい」

「ズボラ飯!!」

「言うと思った」

「なんかなー、やっぱな〜ちょっと楽しいな!」

「嫌がりそうなもんなんだけどな、普通」

「イケメンにも、ちゃんと、男の適当な感じ?あるんだなー、って思うな!」

「安心すりゃいいのかどうなのかわかんねぇなぁ」

(のりごま醤油飯)

 

 

 

六回目

「今日は腹空いてないか?」

「しゅいた...」

「やっぱり」

「うう...(ぐぅ〜....」

「鳴ってるな、元気よく」

「おれは元気じゃねーけどなー...」

「そうだな、ちょっと休んでろ。すぐ持ってくっから」

「五分で戻る?」

「おう任せろ、五分だ」

「さすがずぼらめしー...」

(ハムピザ飯)