読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほうさんのお国柄

企画参加用創作ブログ。絵は描けない。文のみ。お腐れ。色々注意。

交流前振り

「サラ、金を貸してくれ」

「おやどうしたんだい。珍しいね。何かいい品でもあったかい?」

「いや、うん...俺はいい品とは...思い難いが...買って来てくれと言われたものがあって...あー...」

「なんだい、言い難いものかい?君が言い澱むのは本当に珍しいねアレスト。なんでも大丈夫だよ、言ってごらん」

「...いや、一部取り寄せて、ちょっと売ったら飛ぶように売れた物で、その、追加でな?追加で売れば儲けると思って、そう、そうなんだ。絶対売れる商品ではあるから、何も言わず元手を貸してくれ...!!!」

「何をそんなに躊躇うんだい。いつもの余裕ある君はどこへ行った?

そんなに知られたくないのかい。ますます気になるなぁ...」

「後生だ...頼むから...聞くな...金の為に俺は大事な物を失ってしまった気がしたんだ...」

「...そうか。そんなに知られたくないものがあるのか...それなら仕方ないね。お礼とは言わない、ちょっとお茶に付き合ってくれるかい?」

「流石、話がわかる。ああ、それくらいならお安い御用だ」

「はは、僕は君が大好きだからねぇ。はっはっは」

「おいおい、俺にそんな気はねぇよ?

まぁ、こっちとしても大分恩は感じてるぜ、パトロ...ん、え、おま、それ、つくえ、」

「ああ...なんか街で売られてたとっても薄くてお高い本だよ。知ってるだろ?あ、れ、す♡」

「ほんっとおまえ、もう、最悪だよ!!!」

 

 

 

 

 

 「で、これは?こっちは?どこの誰のなんだいこれは」

「詳しくは俺も知らねえよ...それは...ドレスタニアの医者だってことぐらいだ。どちらかというと闇医者か...?」

「お医者様か!へぇ!!そうかい!!」

「...何を考えてる?」

 

「ん?いやぁ、だってこの国はろくな医者がいないからさ。数百年ぶりに診察してもらおうかと、ね」

「...場所わかるか?」

「え?君も来るだろう?」

「だよなぁ...」

 

 

 

 

 

サラトナグさんの古今東西おでかけ物語。

 

1、はじめての国外交流。

 

ドレスタニアの

ドクターレウカドに

セクh、診察してもらおう!!

 

 

要注意

・お会いするのはサラさん一人

・BLNL当たり前

・なんでもする

・サラトナグさんは通称色狂いです。

 ・今後毎回このパターンで会いに行きます

・美味しいものを食べに行くこともあります

・本編の時間軸は無視してます。